fasting soundly

fasting rothbard stoicism and ₿

なんで今更ファスティング

本当にそうですよね今更ですよね。

もうケトジェニックが流行りだして数年は立っていそうです。また、ファスティングについてもいやただ食べないだけじゃん、といった反応が殆どです。なんで自分がファスティングに注目しているかというとファスティングが疑問をもつことにつながるから。疑問を持つことって結構大変なことですよね。生活の根本に近づけば近づくほど疑問を持つことはより難しくなっていくのがまた困ります。息をしないと生きてはいられないことに対して疑問を持つことはまあまずないですよね。疑問を持って息を止め続け失神してしまう人もいるのかもしれませんが。

 

食事って自分にとって当たり前な現象の一つでした。毎日3食しっかりと食べる。昼休みは昼ごはん。朝食は1日の基本なので時間の無い中準備する。規則正しく食事をとって当たり前。食べなければ空腹感があり、身体は疲れパフォーマンスも発揮できない。当たり前の事でしたし、特に疑問に思うこともなかったのかなと。

 

なので、ファスティングを実際に自分で経験したときは感動でした。いや、食事そんないらねーじゃんこれ、と。今までなにしてたんだよ、毎日あれだけ準備して食べて、と。全く疲労感なくファスティング中に活動しているときに気がつきました。生命活動に必須な食事に関することですら、たった1日ファスティングするだけで今までの前提をひっくり返しちゃっていることの衝撃。食事でこうなら、他のことももっと疑問を持つべきなんじゃ無いかと。食事を1日取らないだけで楽しめます。

 

ファスティングとは物事に疑問を持つこと。または持つことを再開すること。勿論ファスティングがもつ様々な心身の回復効果もファスティングの重要な効果ですがそれについては後ほど。何事にも疑問を持ち続けることは重要ですね。