fasting soundly

fasting rothbard stoicism and ₿

1日1食 3ヶ月継続中

あっという間に3ヶ月突破です。この3ヶ月間、3日間以外は毎日1日1食、食事間隔平均23時間で継続しています。

1日1食の自分としての最大のメリットと感じているのが、ケトジェニックダイエットを行う、というか身体をKetosisへ持っていくために行える一番簡単な方法ってこと、でしょうか。本来ケトン体ベースに身体を持っていくために必要なケトジェニックダイエットは食事制限が個人的にはとても準備が大変で、毎回食事のたびに炭水化物量を確認してなどが自分には向いていませんでした。個人的にこれくらいいいだろーってレベルの炭水化物量もダメなので考えているだけでストレスなんですね。

炭水化物をストレスなく控えられるレベルで抑え、体内グリコーゲンをファスティング期間を設けることで使い切り、Ketosisへもってくって感じで、個人的に感じていたケトジェニックダイエットのデメリットを克服できるのがファスティングであって1日1食でした。

食事間のファスティング中は浄水、炭酸水、ごく稀にコーヒーのみの摂取。食事のカロリーはカウントしてませんが、大体1500位もいかないのではないでしょうか、炭水化物をほとんど取らないので。

日中に空腹感を感じることはありますが、すぐに無くなります。どうやら体内では食事の写真や香り、下手すると想像するだけでもインスリンが分泌されるみたいで、その影響もあっての空腹感かなあと思ってます。まあこちらのインスリン分泌は実際食事したことによる分泌ではないのですぐにベースラインに戻るみたいですが。

どちらにせよ、空腹感による体調不良というか日中パフォーマンスの低下は全く感じませんね。これは身体的にも、精神的にも。食べないからといって身体がだるい、思考回路が鈍い、などを感じたことは3ヶ月間でまだないですね。

でも食事してないし慢性的にカロリー不足なんだからそんなはずないだろ、筋肉も落ちまくりで健康に悪いだろと思う方。勿論ここ3ヶ月間この食事生活のなか運動も継続しています。自分はケトルベルのスイング、あとは加重ディップスや腹筋ローラーなど主に自重トレを続けていますがパフォーマンスが落ちている実績は今のところないですね。寧ろ着々と上がっています。一応タイミングを気にしておこなってはいて、有酸素運動代わりのケトルベルスイングは日中、その他は食事1ー2時間ほど前のタイミングで行うようにしています。この先数ヶ月でより効果が見えてくるのかな、楽しみです。

ということで1日1食継続中です。3ヶ月後が待ち遠しい。