fasting soundly

fasting rothbard stoicism and ₿

ケトジェニックダイエットとは? Chris Palmer MD

ケトジェニックダイエットを組み込んだ治療を取り入れている医師、Chris Palmerよりケトジェニックダイエットに関するプレゼンテーション。とてもバランスのとれた意見が多く勉強になりました。

Contents

まずケトジェニックダイエットとは?

  • 高脂質、低炭水化物、適度なタンパク質
  • 1920代に癲癇治療の為生み出された
  • ケトジェニック=脂肪よりケトン体を代謝している状態
  • 血液や息、尿からケトン体を検出できる為他のダイエットと違って100%行われているか確認が可能
  • ファスティングの状態をミミックする

最後のファスティング状態と同じような効果を得られるっていうところが面白いですね。そもそも癲癇の治療の為生み出されたケトジェニックダイエットですが、癲癇の治療自体はもう2千年以上前よりファスティングによって行われていました。紀元前460年ごろ、古代ギリシャの医者ヒポクラテスファスティングによって癲癇の症状が改善されると記していることから少なくともその頃からはファスティングによる癲癇治療が行われていたそうです。 1920年代にファスティングだけでは継続的に治療を行うことが出来ない(一生食べないでいるわけにはいかない)為、ファスティングの効果を食事で得られるようにと考案されたのがケトジェニックダイエットということです。

ケトジェニックダイエットにも種類がある?

ケトジェニックダイエットと一言でいっても、実践している人によってかなりばらつきがあるそうです。例を挙げると:

  • クラッシックなケトジェニックダイエット 脂質:炭水化物+タンパク質の比率が4:1か3:1
  • ファスティング及び間欠的ファスティング 何千年も昔から行われてきたケトジェニックダイエット
  • MCTケトジェニックダイエット ココナッツオイルなどに含まれている中鎖脂肪酸を多めに取り入れたダイエット。
  • LCHF(Low Carb High Fat) アトキンスダイエット 主に体重減少のため

ぱっと出るだけでも何種類かありますね。これらだけでも摂取できる食事の量や配分が全く違うため、一言にケトジェニックダイエットといっても全く違ったものになるとChrisは語っています。又、それにより効果も違ったものになってくるため、ケトジェニックダイエットを行うことで何十種類もの効果があるといった宣伝文句を使う人に騙されない様にと注意しています。

ケトジェニックダイエットの安全性

  • 稀なケース 脂質の代謝異常や妊娠中等、稀なケースな方には勧めない
  • 4:1など制限がきつめなタイプだと栄養不足対策にマルチビタミン電解質さぷりめんとをお勧め(ケトジェニックダイエット初期でグリコーゲン減少に伴い電解質なども不足になりがち)
  • 初期1ヶ月程はKeto Flu(炭水化物からケトン体に身体のエネルギー減が切り替わる時期に現れる不調。大体すぐおさまります。)

開始するダイエットのタイプにより、サプリメント等で不足しがちな栄養素を保管すること、またKeto Fluを想定しておくことが大事なのかなと。身体が切り替わるはじめの1ヶ月はきついという方が結構いるそうです。自分なんかはよく頭痛やめまいがしましたね。今考えてみると電解質不足だったんだろうなと思います。自分ははじめの1ヶ月を超えたあたりからは目立った不調はなくなりました。サプリメント類も全く取っていません。

ケトジェニックダイエット中に何が起きているのか

  • 血糖値とインスリン値の低下
  • レプチンの低下
  • ケトン体の生成、活用
  • 神経伝達物質に変化 GABA(γアミノ酪酸)↑グルタミン↓アデノシン↑イオンチャンネルの制御も
  • ミトコンドリア改善及び増産
  • PUFA(多価不飽和脂肪酸)増加
  • グルタチオンの上方制御、インターロイキン1の減少による炎症効果低減

これら全ては4:1のケトジェニックダイエットによる効果であると前置きつきで説明しています。Chrisはそこらへんの見た目が綺麗なWebサイトに書いてある様なダイエットで上記効果が得られるのかわからないよと語っています。こういうスタンスとても好きです。 改めて見てみると、大体ケトジェニックダイエットで得られるよーって言われている効果がずらっと並んだ気がします。小難しい感じしますが、痩せるだけでなく脳にとって好影響、また炎症に対する効果も魅力的です。エネルギー源を切り替えることでここまでの効果がでるんですね。

最後に

Chrisのプレゼンテーションは他の多くのケトジェニックダイエットに関するプレゼンテーションの中でも中立的な意見でとてもバランスのとれている情報が多かった印象でした。しかし、一般に出回っている情報に対してもっと懐疑的になれといったメッセージも随所に散りばめられています。重要なのは自分で調べ、情報を鵜呑みにしない。とても有意な効果が多く、今までの食事に関する既成概念をひっくり返せ、健康を180度変える可能性があるケトジェニックダイエット。実際人生が変わった人も多く、啓蒙活動に熱心なグループも多数存在するんですが、やっぱり正しくない情報や食い物にしようとする人たちも多いですよね。 ビットコインもそうですが、Don’t Trust, Verify。日々勉強していきたいと思います。

Mark SissonのPrimal Blueprint。多くのケトジェニック実践者やCarnivore達がお勧めする一冊です。早く読まねば。