fasting soundly

fasting rothbard stoicism and ₿

GoTennaとBlockstreamが!

ついこの前$5200こえたなーなんて思っていたBitcoin、先程みてみたら$7500こえていてなんか2年前を思い出させる勢いな今日この頃。また値段やらでうるさくなりそうだなあと思っていたところ心踊るニュースが。

なんとGoTennaとBlockstream Satelliteのパートナーシップ!!めちゃくちゃ心が踊りますね。

contents

色々とアツイGoTenna

GoTennaはメッシュネットワーク用の携帯アンテナ。メッシュネットワークとはなんぞや?という方もいるかと思いますが、Wifiや携帯のネットワークといった既存ネットワークの分散型版と思っていただけるといいかなと。 GoTennaをもっていると、半径数キロ範囲の他GoTennaとつながり、ユーザー間で網の様にネットワークを作る為、例えば山の中の様な携帯の電波が入らない場所にいてもGoTenna経由で通話やメール等通信が可能になるといったイメージです。

この様なメッシュネットワークの利点としては、分散型システムな為基本的に検閲耐性が高く妨害しにくい(インターネットでいうISP等が存在しないため、単一障害点がない)、障害時に強い(単一障害点が無い→ランダムな災害に強い)ことでしょうか。

Blockstream Satelliteとは

Blockstream Satelliteブロックストリーム社が無料で運営しているサービス。衛星を使うことで、世界のあらゆる場所から、インターネットを通さずビットコインブロックチェーンに接続できるというものです。 元々分散型ネットワークな検閲耐性が高いビットコインネットワークですが、その数少ない障害点なインターネット(例えば政府による検閲によりインターネットが一部使用できなくなる→ビットコインネットワークに繋がれなくなる)を介さずビットコインネットワークに繋がることができることで検閲耐性が更に高まることや、インターネットが普及していない場所でもビットコインネットワークに繋がれる→より自由な市場形成が可能になるといった利点があります。

GotennaとBlockstream Satellite、Bitcoinが合わさると

メッシュネットワーク、衛星、そしてビットコイン。ある特定な権力に検閲されないネットワーク、世界中から自由に誰でも参加出来るインフラ、そしてフェアで平等な金融政策。特定の人々だけが特をするのではなく、全員が平等に参加し、価値を創造し文化を築く。そんな現在のレッセフェール(誰にも干渉されることない自由な市場)をもしかしたら体現出来るかもしれない。そんな世界にまた一歩近ずいたのではないでしょうか。

価格変動だけではないBitcoin

どうしても投機対象なイメージがついてしまっているビットコイン。しかしビットコインは儲けるために生まれたわけではありません。ビットコインがどうして生まれたか、その背景、解決しようとしている問題を理解する事で、お金と現状の問題点に少しでも関心が生まれればなと思います。興味がでたら是非調べてみてください。

The Bitcoin Standard: The Decentralized Alternative to Central Banking

The Bitcoin Standard: The Decentralized Alternative to Central Banking

ビットコイン関連書籍でまずお勧めする一冊。お金の歴史からSound Moneyの重要性、ビットコインやその他Shitcoin。この本を読み終わる頃には見える世界が変わります。