fasting soundly

fasting rothbard stoicism and ₿

ハードウェアウォレットはどれがオススメ?3種を比較

比較の前に

予想通り9000から上抜けしたビットコイン。明日明後日辺りに10000を超えることが出来たら一気に上振れすると予測してますがどうなりますかね。

段々と値段高騰につられノイズが混じり始めた暗号通貨界隈。このタイミングで今一度資産の管理環境を見直してみてはいかがでしょうか?

ビットコイン管理において最重要なのはプライベートキーの管理。

この管理を手助けしてくれる端末がハードウェアウォレット。

ハードウェアウォレットとは:

  • プライベートキーを保存するための専用端末
  • pcとプライベートキーを物理的に切り離せる

ハードウェアウォレットとビットコインの関連性は:

プライベートキーとトランザクションのサイン(ビットコイン送信)を自己管理することが必要条件。

又、よくあるハードウェアウォレットの比較項目に価格と対応通貨がありますが、こちらの2項目に関しては無考慮。

  • ビットコイン以外は未来への価値の保存としての用途が無い
  • 今後ビットコインが高騰すると仮定した場合、数千円の価格差は判断基準にならない

大手2社のLedgerとTrezor。小ロットで開発を続けるCoinkite。三種を簡単に比較してみます。

Ledger Nano S

メリット

  • UXが一番フレンドリー

デメリット

個人的にオープンソースでない時点でアウト。

Ledger社を信用しなくては利用出来ない端末。

Trezor T と One

メリット

デメリット

  • 使用上必ずpcと物理的に繋ぐ必要がある

メジャーなハードウェアウォレットの中でオススメなTrezor製ウォレット。

初心者でも扱いやすく、オープンソース。ハードウェアウォレットを使用したことがない方にまずオススメ出来る一台。

Coldcard

メリット

デメリット

  • 敷居がより高いUX

セキュリティ面で頭一つ抜けているのがColdcard。

強盗時等に役立つダミーアカウントや機器をワイプ出来るPINコード設定、一度もpcに繋ぐことなく使用できる、sdカードに暗号化バックアップを作成可能等。

他のプロダクトに比べUXからくる敷居の高さはありますが、一番安心出来るハードウェアウォレット。

最後に

個人が所有出来るデジタル資産ビットコイン。しかし適切な管理をしていない場合、その特性を活かしきれません。

安全にビットコインを所持するなら必ず使用するべきハードウェアウォレット。

プライベートキーをどう管理するかは自分の資産管理に直結する為、未導入の方はすぐに検討することをオススメします。