fasting soundly

fasting rothbard stoicism and ₿

ビットコインで学んだこととは? その2

続き。その1はこちらで:

前回からの続きです。今度はビットコインの特性についての3つ。

最後の3つはビットコインの特性にフォーカス。

Decentralization そこらのブロックチェーン()とは違います

中心的な権力が存在しないこと。特に意思決定に関して中心的存在がいないこと。

ビットコインは開発、マイニング、フルノード(ユーザー)と全ての段階が分散型。全てはオプトイン、参入障壁は存在しない。意思決定はコミュニティ全体によって行われある特定権力が介入することは無い。

前回も引用した様に、ビットコイン以外の全ての暗号資産プロジェクトは企業の様なもの。故に分散型なプロジェクトはビットコイン以外存在しない。

Immutability ビットコインにしかない要素の一つ

不変性。未来への価値の保存にとって重要な要素。

ビットコインはなぜ不変性を持つとされているか。

ブロックチェーンだから不変性があるといったことをよく聞きますが、ちょっと違うのかなと。

完全に分散型な暗号資産がビットコイン以外無いとすると。他のブロックチェーン()なプロジェクトは全て中心人物や単一障害点が存在するわけで。

今のイーサリアムも元はDAOハックによって発生したフォーク。ハッキングでの大量盗難を中心人物達が帳消しにすることに決定。

例え盗難であっても(厳密にいうとDAOは盗難ですらない。)それを帳消しにできるということは、不変とはいえない。ブロックチェーン()であるのに。

ビットコインはUASFやセグウィット2x等で見られたように、例え業界の大手とマイニング企業の大半が協力しても変えられないルールを持つ、不変性が試され実証された唯一の存在。

どの様な団体、権力であっても変えることのできないルール(その金融政策、総数やインフレーションスケジュール)。そういった不変的な要素こそがビットコインが持つ価値の保存としての優位性。

Fungibility プライバシーのために。ビットコインははたして

代替性。よく現金で説明される要素。

例えば現金の代替性。Aさんが持つものも、Bさんがもつものも。どの1万円も同じ価値があるような状態を代替性があるとする。

代替性があるお金は、誰がどの様に使おうと自由。個人に結びつくことがない為、検閲耐性と自由やプライバシーを保証する為、お金にとって重要な要素の一つ。

逆に代替性のないお金は検閲され自由が無くプライバシーも保てない。例えば銀行口座。銀行口座からの送金は自分の個人情報と紐づいている為、銀行側は全てのトランザクションを規制でき、銀行が禁止している口座には振り込めなく、また取引情報も筒抜け。

ビットコインはというと、今のところ微妙な立ち位置に。

全ての取引はブロックチェーンに記載されている為、大体の場合取引に使われたビットコインを逆に辿ることで、マイニングによって生成されたその瞬間までの全ての道のりを調べる事は可能。

その道のりに存在するウォレットと自分の個人情報が結びつくことで、誰が誰にどれだけの取引を行ったかを調べる事は可能 → チェーンアナリシス。

結果、特定の出どころ(犯罪絡みのコインなど)からの入金を取引所が止めることなどが可能。

が、ユーザーの工夫次第で代替性を持たせる事はできる。

今現在有効な方法としては、ミキサー系サービスを使うこと。Wasabi WalletでのCoinjoinやSamourai WalletのWhirlpool等。

複数トランザクションをまとめることで(例えば同じ量のビットコインを100人がお互いに送り合う事で、最終的にでどころのわからない100人分のアウトプットを作成、それ以降は最大でもそのミキシングに参加した100人というところまでしか分析できない)、匿名性を増し検閲耐性を高めることが可能。

つづく、予定。