fasting soundly

fasting rothbard stoicism and ₿

Coldcardの買い方、その2

さあColdcardをついに購入しました。到着までの間どうしたらいいか。購入まではこちらを参照:

Coldcard用に環境を見直そう

Coldcardの到着を待つ間、自身のビットコイン環境を再構築する必要が。取引所での保管は論外、他のハードウェアウォレットを使用していた方も、Coldcard対応な環境に再設定する必要が。

今後どのウォレットを使用するかにしても、まず最初に考えたいことの一つがビットコインルノードについて。

ルノードという響きだけで面倒臭くなりますね。が、Coldcardに興味を持った方ならある程度は考えたことがあるのではないでしょうか。

最近はビットコインルノードを立ち上げる為の設定もかなり楽になっているので、一般的なユーザーでも楽に行えるかと思います。これからColdcardを使用していこうと考えている方、少し考えてみましょう。

なぜフルノードを走らせるのか

これは人それぞれといったら終わりですが。個人的には簡単な答えが。

たった少しの労力で、今後他人を信用する事なくビットコインを自己管理出来るのであれば、フルノードを自分で走らせた方がいい。

その過程でビットコインについてもより詳しくなる為、Coldcardユーザーはフルノードを自己運営することをオススメします。

ビットコインルノードを走らせよう

メジャーどころなハードウェアウォレットを運用する場合、例えばTrezorを通常利用する際、殆どの人はTrezor Walletといった、ブラウザベースなウォレットを使用すると思いますが、こういったウォレットは自分でフルノードを立ち上げることなく利用できて利便性が高いですよね。セットアップも簡単、即時利用することが出来ます。

が、利便性とセキュリティは必ずトレードオフな関係。ユーザーがフルノードを管理することなく、こういったウォレットサービスがなぜ簡単に利用できるかというと、ブロックデータを外部から参照している為。Trezor Walletならブラウザを介してTrezorのサーバーと通信することでブロックデータを参照していますね。こういうセットアップだと、利便性が高まる一方で例えばTrezor側に色々な情報が漏洩します、

ブロックデータを管理しているTrezor側にどの様な情報が渡るのか、考えてみると:

  • 接続時のipアドレス
  • 取引が行われた時間
  • ビットコインのウォレットアドレスとユーザーの紐付け
  • ユーザーの総資産量
  • 口座(ウォレット)の全取引情報

ビットコインアドレスが銀行口座の様なものと考えると、銀行口座にまつわる全ての情報を共有していることになりますね。

もし他人にそういった情報を共有することに抵抗がある場合。もしもう既にパソコンを所有している場合。自分自身でフルノードをセットアップすることは意外と簡単。

多少の労力でほぼトラストレスな自己資産の管理が可能になるのがフルノード運用。せっかく第三者を信用することなく資産を管理する簡単な方法があるのならやってみた方がいいと思う方、フルノードを立ち上げることをオススメします。

ルノードのインストール

Bitcoin Core

CasaもNodlもようはこれを走らせています。ビットコインコアのノード。迷ったらこちらをインストールすれば問題無いですが、Coldcardを使用する際は現状ビットコインコアのウォレットをそのまま使用することが難しい。ウォレットについては後日。

Pierre RochardのNode Launcher

Pierre Rochardによるお手軽ビットコインルノード兼ライトニングノード環境構築アプリ。オススメです。

特徴としては、ビットコインルノードに加え、ライトニングのノード設定まで全自動で行ってくれること。ほぼワンクリックで全ての設定が終了します。すごい楽。

インストールは、ビットコインのブロックデータ保存用にディレクトリを指定する程度でビットコインのフルノードとライトニングのノード環境を自動で構築。数ある方法の中でも一番簡単。

ユーザーの環境次第(pcや通信環境)ですが初期設定(ビットコインのブロックデータ同期)にかかる時間は大体数日。

現在(2019年8月)ブロックデータ同期の為には大体250gb程の空き容量が必要。(設定次第で変更可能)